音楽 クラシックの代表的作曲家と

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数549
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史宗教小学校音楽学校ロック古典影響近代変化

    代表キーワード

    音楽

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。」
    1. クラシックの代表的な作曲家と歴史
     17世紀から18世紀中期までにおける時代を西欧音楽の歴史では「バロック音楽の時代」
    とされている。この時代に活躍した代表的な作曲家として、ヴィヴァルディー(1678~1741)とバッハ(1685~1750)の2人が挙げられる。
     ヴィヴァルディーは、ヴァイオリン音楽の先駆者であると同時に、近代の協奏曲形式の基礎を築き、バロック音楽の最高峰的存在として有名である。また彼は、「四季」のように標題と結びついた名曲を数多く作曲したことでも知られている。
     バッハは、バロック時代の音楽を頂点まで高め、後に音楽の父と呼ばれるようになった作曲家である。その傍ら教会に勤めながら音楽家として後世に残る数々の名曲を生み出した。例えば、「ロ短調ミサ」は宗教的な曲として有名であり、今もなお盛んに演奏されている。また、「トッカータとフーガ二短調」、「小フーガト短調」など有名であるが、古典派のソナタにも比すべき論理性と音楽性を持つフーガの巨匠としても名高い。さらに「平均律クラヴ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。