臨床心理学②心理療法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数646
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「心理療法について述べよ」
    1.心理療法とは
    人の心を論理的に考え、その人を理解しようとした実証的科学が心理学である。それは二十世紀に入り人間の環境への適応という問題を解決するための理論及び技術を研究する臨床心理学と共に発達してきた。その臨床心理学を臨床の場で応用するのが心理療法である。しかし、人間の不適応状態を除去するだけを目的としているものではないことを先に考慮しておきたい。
    現在行われている心理療法にはさまざまな種類があり、その理論的背景や技法もさまざまである。ここではそれらの技法の概要を理解した上で、心理療法を考察していく。2.分析的心理療法 フロイトは神経症やヒステリー患者の治療経験から、本人の意識にのぼらない「抑圧された無意識の層」が人間にはあると考え、その理論を発展させた。そしてフロイトの精神分析は現在行なわれている心理療法にも多大な影響を与えた。精神分析的心理療法では夢や自由連想の分析と解釈が行われる。そこには、抑圧されていた問題、例えば親子関係の中での不快な体験や、個人の受けとめることのできない出来事が現れるからである。そしてそれらが、無意識的に本人を動かしている、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。