教師論レポート改正版 これからの教員に求められる資質能力について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,663
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教師子ども社会学校児童授業能力教員問題生徒

    代表キーワード

    教師論社会児童

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ。」
     これからの教員には、教員の職務内容から必然的に求められる資質能力や、教職という専門的職業に従事する社会人として必要な資質能力が求められてきている。これらの観点に立ち、考慮し考えていきたいと思う。
     まず、教員の職務内容から、必然的に求められる資質能力とは何か、考えていきたい。一般的に大きく分けて9つが挙げられる。
    (1)誠実さ、謙虚さ、責任感などをもった人間味のある人物である。
    (2)教育の社会的機能や役割に対する適切な認識をもち、正しい判断のできる人物である。(3)社会人としての基本的常識や適応性をもった人物である。
    (4)愛情や熱意、厳しさ柔軟性などの程度や姿勢を示せる人物である。
    (5)教育内容の選択・編成や教育方法の開発・選定などにかかわる能力を有する人物である。
    (6)教員の教材研究や教育的学問研究などを推進していくための研究能力を有する人物である。
    (7)教育に対する意欲や態度、児童・生徒を掴む理解力や感受性をもち、教え導くための指導力をもった人物である。
    (8)知識や教養をもち、さらに芸術的教養や実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。