ドイツ税制改革について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数521
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2005年11月、アンジェラ・メルケル氏が首相に就任した。メルケル政権は、連立協定に基づき、ドイツ経済の建て直しとEU協調のための税制改革に着手することになった。
    税制改革は、2006年度に「雇用と景気促進のための税制改革」と「欧州会社課税導入法」、2007年度に「国家財政健全化のための税制改革」「事業承継優遇税制」と「EU法との調整に係る企業組織変更税法」、2008年度に「企業税制改革」が行われた。そして2009年度に「投資所得一元課税改革」と、プログラムされた。
    当初税制改革プログラムでは、投資所得一元課税改革が行われる予定であったが、投資商品を扱う金融業界の準備状況に鑑み、1年遅れの2009年1月1日施行へと持ち越されることになった。
    1990年の東西ドイツ統一後発生した財政赤字に対し法人税に係る連邦付加税の導入、付加価値税率の引き上げによる対応が行われたが、2001年のITバブルの崩壊による景気低迷と失業率の悪化により、2002年には、マーストリヒ条約基づいた基準を満たすことができなくなった。その結果として、当時のシュレーダー政権は信任を失い、メルケル政権が発足することになった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。