従業員のモチベーション管理-期待理論からの分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数502
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従業員のモチベーション管理の制度設計
    1、従業員のモチベーションと期待理論
     以下では働く人々のモチベーションを維持・向上させる一つのモデルとして期待理論について概観した上で、それに基づき、現場のリーダーが集団に影響を与える過程について考えていきたい。
     期待理論は、人間が特定の行動をとる際のモチベーションを三つの要因から説明する。第一に得られる報酬の魅力、第二に成果に対し見合った報酬が得られる可能性、第三に努力に対し見合った成果が出るかという主観的確率である。期待理論は極めて合理的な個人を想定している点に議論はあるものの、現場におけるリーダーシップの影響を考える際に非常に有用である。
     期待..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。