胎児の自立性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数254
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最近の胎児研究の成果として、胎児の「自立性」が明らかにされてきた。つまり、胎児は母体に一方的に依存し子宮内で眠っているだけの、無力で受動的な存在であるという認識を改め、自ら胎内で成長しようとする積極的存在として胎児を捉える必要性が強調されてきたのだ。「胎児の自立性」には以下のような例が挙げられる。
    胎児は子宮内において、羊水を飲みそれを腸で濾過することで胎内の「浄化」を行っていることが知られている。すなわち、胎児は排尿を通して胎内環境の清浄性を自ら保っているのだ。また胎児は自ら血液を作りだし、それを胎盤へ送り出していることはよく知られている。母親の血液が胎児の体内に直接入り込むことなどありえな..

    コメント1件

    camsa10 販売
    一橋大学の講義「ヒューマンセクソロジー」の期末レポートの課題の答案例となります。
    2010/02/21 21:04 (6年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。