初期中絶と中期中絶

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,472
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在、日本で合法的であると認められている人工妊娠中絶期間は妊娠22週未満、すなわち21週と6日までである。そのうち12週未満の人の場合は初期中絶、12週以後の人の場合は中期中絶といって、手術方法や法的扱いに以下のような差異がある。
    まず初期中絶の場合であるが、その手術は掻爬術といい、それは子宮口をラミナリアなどを用いて広げたうえで、キュレットや吸引器などの産婦人科器具を用いて、子宮内から掻き出すという方法である。一方中期中絶の場合は、胎児がある程度の大きさになっているため、分娩に近い形で胎児を排出する方法を採る。つまり、ラミナリアなどで子宮口を拡張させつつ、陣痛を人工的に誘発する薬を用い、激..

    コメント1件

    camsa10 販売
    一橋大学の講義「ヒューマンセクソロジー」のレポート課題の参考例となります。
    2010/02/21 21:06 (6年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。