性の多様性・両性性、性と人権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数655
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私たちは一般的に、男女の性別は生物学的また心理的にも明確に区別された別個の存在であると思ってきた。しかしそのような二分法的な視点からは、現在の様々な性に関する問題、例えば性同一性障害、同性愛などのマイノリティーの差別問題や、性別役割分業の問題点を相対化し、正確に捉えることは不可能だろう。そのため、ここでは「性のグラデーション」という概念を通して「性」を捉えなおし、両性性、多様性と人権について考察する。
     人間の性のあり方として、大きく分けて以下の三つが挙げられる。第一に、生物学的性別であるが、これは生まれもった性であり、単純に生物学的特徴から分類したもので、戸籍に記される性別である。第二には..

    コメント1件

    camsa10 販売
    一橋大学の講義「ヒューマンセクソロジー」のレポート課題の答案例です。
    2010/02/21 21:07 (6年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。