社会的影響の力とステレオタイプに関する考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数613
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会的影響の力とステレオタイプに関する考察―日常生活経験から
     
     
    「社会的影響の心理学」と「社会的認知研究」について、日常的な経験から考察を行った。前者については家電量販店における店員の承諾要請の技法から、また後者については中国人に対するステレオタイプを自らの経験を通して、分析を試みた。
     Ⅰ. 日常経験における「社会的影響の心理学」の考察
     
     先日、新たに液晶テレビを買おうと、ある家電量販店に行ったときである。前もって購入予定機種をある程度定めていた私は、値札をチェックしながら漫然と商品を眺めていた。すると、一人の店員が自然に私に近づいてきた。その店員とのやり取りの中で、私は「社会的影響」の力を体感することとなった。
     客に商品を買わせることが至上命題である量販店の店員は、その目的のために様々な手法を用いる。それらの手法は分析していくと、どれもが人間行動を導く本源的な心理学の原理に基づく、以下の6つのカテゴリーに分類できる。それらは以下に述べる返報性、好意、希少性、社会的証明、権威、一貫性の6つであり、心理過程を直接的に知覚できない非意識的な影響を与え、行動へと導く原理である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。