現代社会における構造性と流動性―移民現象からの考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数721
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会における構造性と流動性―移民現象からの考察
    はじめに
     現代のグローバル社会において、「移民」は大きな社会的現象となっており、その様相・形態はますます多様化している。「移民」は、文字通り人の移動を指すことから「流動」的な現象であり、既存の社会構造を変えつつあるが、一方現代においては移民現象自体がネットワーク化しある種の固定されたコミュニティ化、つまり「構造」化しているという二重性を持つ。
    「移民」という構造の中で、多様でそれ自体流動的な、移民を希望する人々はどのように個性や自己実現を志向・実現し、また同時にどのように構造によって「疎外」・規定されていくのだろうか。以下では現代移民の特色を概観した上で、その「構造性」と「流動性」の諸作用について検討しながら、社会学の諸理論を参考に考察していきたいと思う。
    1、現代移民現象の特徴―「流動性」
     最初に、「流動性」と「構造性」を持つようになった現代の「移民」現象の特色について、従来の移民の比較しながら概観していきたい。
     まず、現代的な移民の「流動性」特徴は以下の三点で説明できるだろう。第一に、従来の市場経済メカニズム的な認識に基づく..

    コメント1件

    camsa10 販売
    社会学の世界では、現代の社会は「構造性」と「流動性」の両側面をもっているといいます。
    この論文では、「構造」と「流動」を「移民」現象から考察を試みます。
    国際社会学の視点から移民現象を捉えた上で、それは社会学的にはどのような意義を有しているのか、分析しています。
    2010/01/07 22:57 (6年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。