ドイツサッカーの歴史と変遷

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,178
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    ドイツサッカーの歴史と変遷
    1、ドイツサッカーの創生期 
     サッカーはかなり早い段階でドイツへ渡ってきた。それはイングランド人がまだサッカーの諸ルールを明確に定義していないくらい早い時期であり、その当時はサッカーとラグビーの境界線ははっきりとしていなかった。19世紀末から20世紀初めにかけて各地にフットボール・クラブが創設されていくにつれて、サッカーのルールを明確化する動きが加速化していった。
    ドイツのフットボール・クラブには、他欧州諸国とは異なった、設立史における特徴がある。サッカーが伝わる前のドイツでは、体操運動がスポーツ界を席巻していた。そのきっかけとなったのが、以外にも1806年のナポレオンの進攻である。フランス軍によりイエナとアウエルシュタットで壊滅させられたプロイセン軍の中で軍制改革の機運が高まり、その一つとして、中等教育課程における体育教育が導入されることとなった。それはヤーン(1778-1852)によって実践に移された。彼は1811年に初の体操大会を開くと、それ以降それは国を挙げての祭典行事となり、参加者は各地でクラブを全国的に創設し始めた。その体操クラブが現サッカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。