アメリカにおけるマイノリティの市民権戦略ー黒人と女性

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,304
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカにおけるマイノリティの市民権戦略

     アメリカ合衆国はその建国以来、多様な「人種」や「民族」集団を内包または排除することにより、その歴史を進めてきた。アメリカ「市民」は「人種」や「民族」に関わりなく、「自由・民主主義」という建国理念の下に集まった共同体とみなすことができる。これは市民権移民局が掲げる「市民」の要件や「忠誠宣言」を見れば明らかである。アメリカ人としての義務を果たし、国家に忠誠を尽くし国のために闘うこと、すなわち「国家への能動的参加」が「市民」の条件であるのだ。
    アメリカ社会は上記のような原則のもと、多様性・多元性をその基盤に取り込むことによって、国民統合をより強く、開いたものしてきているということであり、その原動力となったのはマイノリティによる市民権運動である。そしてこれは決して過去の現象でもない。
    以下では、従来アメリカ「市民」の範疇から排除されてきたマイノリティ集団が、どのような戦略をもってそれに挑戦し、権利を獲得していったかについて分析していく。そのために、ここでは具体的なマイノリティ集団として、アフリカ系アメリカ人と女性に焦点を当てていきたい。前者は「民..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。