『朝鮮からみた華夷思想』の要約と考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数902
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『朝鮮からみた華夷思想』の要約と考察

     本書は、朝鮮王朝史を概観しつつ、中国発祥の中華思想が、中韓関係にどのような影響を与えてきたのかを、朝鮮側の社会的・政治的・文化的側面から照らし出している。
     中華思想における「夷」であった朝鮮の中国文化への憧憬、またそれと同時に「小中華」としての民族的矜持に揺れる朝鮮のアイデンティティー形成の歴史を検討することは、現在の日韓関係・日中関係にとどまらず、冷戦以降の多様化が進む国際社会を捉え直す際にも非常に有用な視点であるように思われる。
     以下では、中華思想、すなわち華夷思想についてその概要を述べ、朝鮮王朝の歴史を辿る形で、それがどのような意味を持っていたのか、またそれに伴う中韓関係と朝鮮の意識変容についてみていく。その上で、現在の朝鮮ナショナリズムや日韓関係のあり方について考察していきたいと思う。
    1、華夷思想と朝鮮
     近代以前の東アジア世界を律していた国際秩序は、中国を中心とした天下的世界認識であった。「天下」とは万民が生活する空間全体を指し、このすべてを治める「天」は地上で最も徳の高い人物に「天命」を下して「天下」の王者、すなわち天子とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。