人文地理学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数400
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『大ロンドン計画の概要と日本の都市計画に及ぼした影響を簡潔にまとめたうえで、自分の住む都道府県または市区町村の都市問題とその要因、それらに対する対策を地図や図、表・写真を2枚以上用いて論述せよ。』
    大ロンドン計画と日本の都市計画への影響
     大ロンドン計画は、1944年にアーバークロンビーによって発表された都市計画である。
     これは大きく3つの柱から成り立ち、一つは安い住宅の供給し、道路や公共交通機関、上下水道、電気、ガスなどインフラの整備を促進するものである。
     二つ目が、グリーンベルトと呼ばれる新しい開発を禁止する田園地域を置くことである。
     三つ目が、都市の構造として円形にし、4つの区画に分けることである。まず一番真ん中の中央部には、工場と人を追い出し、市役所などの中心部として機能をつけ、次の部分には郊外部とし、人口は1エーカー50人以内と抑制する。その次の部分はグリーンベルトをおき、農用地として利用するが、都市がスプロール化したときのために新規開発を禁止した。最後の部分にニュータウンと呼ばれる居住地域を作り、ここに工場が置かれ、産業を発達させるというものである。
     この計画は、都..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。