自然地理学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数412
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『わが国の地形の特色と形成過程を概観せよ。次にひとつの県(都道府)を選び、そこに分布する地形の特色を詳述せよ。』
    日本の地形の特色と形成過程
     日本の国土の特色のうち、まず、山地と平野、盆地に関するものがある。全国土の約60%を占める山地は、太平洋をめぐる造山帯を構成している。また、山地は高く険しく、背骨のように連なっているのが特徴である。
     日本の山地はいくつかの山塊に分かれており、それぞれ山地や山脈と呼ばれているものがそれにあたる。それらの山塊は平野部と完全に区別されており、全体で細長い輪郭を示している。平野や盆地は山地と山地の間を埋める形で分布しており、それらがモザイク構造をしている。これからも分かるように、日本の山地や平野の規模は、世界的に見ても非常に小規模である。これが日本の地形の大きな特色の一つとして挙げられる。
     次に挙げられるのが、地塊山地や地塊盆地と呼ばれるものである。これらは断層によって区切られた山地や盆地のことである。
    そもそも、日本の地形がモザイク状を示しているのは、近く表層部が断層で分断され、多数のブロック集合体を形作っているからである。この一つ一つのブロック..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。