教科教育法地理歴史2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数308
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学習指導要領・世界史Bの内容(4)の「オ 帝国主義と世界の変容」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp.12にある3つの社会科観・p.92にある「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業と関連させて説明しなさい。』
    世界史Bにおける当該範囲の意義と前提知識
     まず前提として、この「オ 帝国主義と世界の変容」(以下、内容(4))を含む、諸世界が交流していった当時は、どのような時代であったのかを考察する。
    ヨーロッパでは大航海時代が終わり、近代化を推し進めた結果、各国で産業革命を成し遂げ、市場を国内ではなく世界に目を向け、植民地や領土の獲得にやっきになっていく時代である。その後、二つの世界大戦を通じて、機関銃や戦闘機、毒ガス、化学兵器などの戦争を中心とした科学技術の発展や、映画やラジオなどの大衆文化の形成による生活様式の変化をもたらしたことでも分かるように、中世と近現代を結ぶ、歴史の転換点の役割を果たしたといえる。その転換はどのように行われたかをしることは、この単元の大きな意義であるといえる。
     では上記の内容を頭において、特に内容(4)の授業のあり方として、まず、帝国主義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。