自然地理学第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数454
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『わが国の地形の特色と形成過程を概観せよ。次に一つの県(都道府)を選び、そこに分布する地形の特色を詳述せよ。』
    本論では、設題に沿ってまず日本列島の形成過程について述べ、日本列島の地形の特色をあげる。次に兵庫県について、分布する地形の特色を述べていく。兵庫県を選んだ理由は、私が現在居住している地域であるからである。
     まず、日本列島の形成過程について述べる。日本列島の基盤は第三紀以前に発生した3回の造山運動によって形作られた。この運動はそれぞれ本州造山運動、日高造山運動、グリーンタフ造山運動とよばれ、鮮新世の終わりごろにほぼ完了している。この日本列島の骨組みに山地や平野・盆地が形成されていったのは約200万年前から現在までの期間である第四紀である。この時期におこった地殻変動によって、日本列島では各ブロックの隆起や沈降などが激しくなった。隆起したブロックは山地となり、沈降したブロックには山地から供給された土砂による埋積が進行して平野・盆地が形成された。このときの変動のことを島弧変動または六甲変動とよぶ。この期間に日本の陸地で最も隆起が大きかったのは飛騨山地でおよそ1500メートル、最も沈..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。