教科教育法宗教1 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数187
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ゴータマ・ブッダの説法と実践を宗教教育という視点より論述せよ』
    Ⅰ.ゴータマ・ブッダの説法
     このレポートでは、歴史上に実在し、仏教の創始者となった人物である、ゴータマ・ブッダの説法と実践を述べ、その後に、ゴータマ・ブッダの説法と実践が現代における宗教教育においてどのような意義を持つか、また宗教教育をしていく上でゴータマ・ブッダの説法と実践をどのように活用していかなくてはならないのかについて述べることにする。
     現代からおよそ2500年前、北インドに生まれたゴータマ・ブッダは、何の不自由もない優雅な暮らしを捨て、出家して修行の道に入った。そして過酷な修行を経て、ついに真理を発見したのである。その後ゴータマ・ブッダはその悟った真理を多くの弟子に伝え、45年間の説法教化活動の後、80年の生涯を閉じる。これがゴータマ・ブッダのごくごく大雑把な生涯である。ゴータマ・ブッダは一代にして巨大な宗教教団組織を創り上げたのである。その点において、ゴータマ・ブッダは偉大な宗教者であったと同時に、偉大な教育者であったと言うことができる。なぜならば、たとえ宗教的に優れた思想、信仰を持っていたとしても、それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。