【教育中間報告】重要語句

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キーワード
    教育課程
     教育課程とは、一定の教育目標を達成するために選択・組織・編成された教育内容の総体を意味する。我が国では、現在、学習指導要領が教育課程の基準としての役割を果たしている。かつては、教科(学科)のみから構成される教科(学科)課程という用語が用いられたが、教育の一般目標の完全な実現には教科と教科外活動が共に不可欠であるとの考えが示された昭和26年版学習指導要領から、教科以外の教育活動(特別教育活動)が正規の学習活勅として位置づけられ、教育課程という用紙が用いられ、今日に至っている。現在の小・中学校の教育課程は、教科・道徳・特別活動の三領域(高校は道徳を除く三領域)によって編成されているが、これは昭和43年版学習指導要領から続いているものである。今回の改訂により、総合的な学習の時間が新設されると、昭和33年版以来35年ぶりに教育課程が四領域構成となる(当時は教科・道
    徳・特別教育活動・学校行事等)。
    学習指導要領
     学習指導要領は、小・中・高・盲・聾・養護学校の教育課程に関する国の基準であり、教育課程編成の一般方針と各教科・道徳・特別活動の目標と内容の骨子が示されている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。