【教育時事】重要語句

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数378
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■第1章 教育改革
     教育の行き詰まりがあらわになってきた現状に対応して、文部省は新たな教育改革に乗り出す方針に踏み切り、与謝野文相(当時)が1995(平成7)年4月、第15期中央教育審議会(中教審)に対し、「21世紀を展望したわが国の教育の在り方について」を諮問した。
     第15期中教審は96年7月に第1次答申を提出し、新教育理念に「生きる力」と「ゆとり」を掲げ、初等中等教育を中心に新しい教育の基本方針を示した。これを受けて、教育課程審議会(教課審)、教育職員養成審議会(教養審)、保健体育審議会(保体審)が相次いで始動し、それぞれ97年中に「中間まとめ」や答申を出した。また、第16期中教審は昨年6月、中高一貫教育や飛び入学を盛り込んだ第2次答申を提出し、続いて98年3月、「心の教育」や地方教育行政システムの改革に関する中間報告をまとめた。こうして、教育改革の全体
    像が次第に明確になってきた。
    「6つの改革」
     政府は社会システムの全面転換を目指し、行政改革、経済構造改革、金融システム改革、社会保障構造改革、財政構造改革を順次スタートさせたが、橋本龍太郎首相は97年1月、これに教育改革を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。