道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数362
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
     第15期中央教育審議会第一次答申は時代を超えて変わらない価値あるものを大切にするとともに、社会の変化に的確かつ迅速に対応する教育を実現するために、「生きる力」の育成という新しい教育の目的を提示した。「生きる力」とは、3つの能力から構成される全人的な力である。1つ目は、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力、つまり確かな学力ということである。2つ目が、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性である。そして、3つ目が、たくましく生きるための健康や体力である。
    しかしここで重要なのは、「生きる力」が人間存在の構造的把握と相互連関的なものにならなければならないということである。では、人間存在の構造的把握とは何であるのか以下に述べてみる。
    人間が「生きる」ということは①生物学的(身体的)「生命」と②文化―社会的「生(活)」と③道徳的-人格的-宗教的「いのち」の3つの次元で生きているということである。この3つの次元は相互に密接に連関して、1つの全体を成し、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。