スポーツ論入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数448
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい』
    私は高校3年間、ハンドボール部に所属していたので、スポーツから獲得したものは本当に数多くある。それは身体的、精神的にわたり様々である。この高校三年間の部活動の体験をひとつの例として挙げ、上記設題に回答していく。
    第一に部活動(スポーツ)での厳しい練習を通じて、「忍耐力」がついたことである。ハンドボールという競技は瞬発力と持久力の両方を必要とするもので、どちらか一方がかけては試合にはついていけない。その為持久力のなかった私は後半にぐっと動きが鈍くなり、それが大きな課題の一つであった。体力が消耗すると、身体的な疲労と共に精神的な弱さも垣間見られるようになる。走れば追いつけるボールを途中で諦めてしまったり、ディフェンスのつめが甘くなったりとチームに迷惑をかけてしまう場面が多々みられた。持久力、つまり「忍耐力」こそがお前の最大のテーマだと顧問にも指摘され、とても厳しい指導を受けたのを記憶している。練習試合では、私一人だけが朝から夕方まで5試合連続フル出場し、足が動かなくなるまで走り続け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。