日本の年金についての課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数889
ダウンロード数63
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    日本の年金についての課題:
    年金記録問題:
    「未統合記録5000万件」「オンラインシステム上の入力ミス」「コンピューターに記録がない」「保険料を納めた旨の本人の申し立てがあるにもかかわらず、保険料の納付の記録が台帳などに記録されていないケースがある。」
    例:無年金:入力ミスで13年 73歳、記録見つけ受給資格
    厚生年金保険料の納付期間がひと月だけ足りないとされ、無年金だった東京都内の男性が今月、漏れていた記録を見つけ受給資格を回復した。69年に勤めた会社の記録に、誤った名前の読みが入力され放置されていた。社会保険庁は13年前にさかのぼり、月額7万5000円を支給する。ずさんな記録管理による「宙に浮いた年金」問題で、最も深刻な「無年金とされている人」の記録が訂正され、受給資格を取り戻したのが明らかになるのは初めて。(毎日新聞 2008年7月22日)
    厚生年金記録の氏名は79年以後に漢字から片仮名に変更されたが、社保事務所の入力・転記ミスなどに加え、社保庁が本人に確認しないまま漢字変換ソフトで字を置き換えたことなどから、誰のものか分からない「宙に浮いた年金」が大量に発生したことが明らかにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。