道徳教育の研究 第一投題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数162
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ
     まず最初に「生きる力」とは、単に「生きる(live、exist)力」を意味するのであれば、あえて強調する必要はないであろう。この世に存在しているすべての人々は、それなりに「生きている(live)」し、「存在している(exist)」からである。死に至るまで、生命のある限り生きている。そして存在している。 「生きる力」とは、単に「生きる(live、exist)」ことを意味しているのではなく、「生き抜く(survive)力」を意味しているのではないかと推測される。
    1996年7月にだされた第15期中央教育審議会は、我が国の教育の在り方について、変化の激しいこれからの社会において「ゆとり」の中で「生きる力」を育むことを重視することを提言している。第15期中央教育審議会第一答申にみる「生きる力」とは、3つの能力からなる「全人的な力」であり、「人間としての実践的な力」であり、『生きていくための「知恵」』ともいうべきものである。そして、これからの子どもたちに必要となる「生きる力」とは、次のようなものである。 ・自分で課題を見つけ、自ら学び、主体的に判断し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。