適応・不適応の心理的抑制 またそれからひきおこされる特徴的行動について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数202
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    適応・不適応の心理的規制 またそれからひきおこされる特徴的行動について
     適応には複数の意味があり、文脈や用いられる分野によって若干異なる。生物学における適応という言葉の意味として、1. 生物がその環境中で上手く生活していけるような特徴(表現型)を持っていること、2. ある生物個体の生存率と繁殖率を増加させられるような特徴のこと、3. そのような特徴が形作られ、広まる過程のこと、などがあげられている。  人は、様々な環境に対して反応して生活を営んでいる。その環境は、時々刻々変化しているので、人が生きていくためには、その環境と状況に応じた行動をとらなくてはならない。環境や状況に自己を適合させていくのみならず、能動的に環境に働きかけて変革するといった積極的な適応の型があるのは、人間ならではである。
    心理学では適応の概念は、環境、とくに社会的環境の要請に対する心理的反応による適合のよさとして用いられることが多い。適合がうまくいかず、個人が生活の要請に合致できず、過剰な精神的緊張を生じたり、情動的な症状をもったりすると、その人は心理的援助を必要とする。カウンセリングや心理療法の目的はそのような..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。