ジョンロックにおける子どもの教育論。特に習慣形成・賞罰法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数276
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論。特に習慣形成・賞罰法』
    ジョン・ロックは、1632年8月29日、イングランドの西南部ソマセットのリントンという村に生まれた。1646年、十四歳の時ウエストミンタースクールに入学し、初めて学校に通う事になった。当時この学校は王党派雰囲気であり、その教育、訓練は厳格をきわめたものであった。1666年、ロックは医師として偶然の事からアシュリ卿の知遇を得る事になり、これがその後の生涯を決定する事になった。ロックは非常に多忙の身となったが、体調をくずし、これを機に療養をすると共に、優れた学者達と交わり、快適な思索と執筆の生活を続けた。また、1688年の名誉革命では革命の理論的指導者として大いに尊敬されていた。ロックは、書斎だけに閉じこもった哲学者ではなく、自ら現実の中に飛び込んで問題に取り組んだ思想家であった。
    1.タブラ・ラサ(精神白紙説)
    「心は、言ってみれば文字をまったく欠いた白紙で、概念は少しもないと想定しよう。どのようにして心は観念を備えるようになるのか。人間の忙しく果てしない心像が心にほとんど限りなく多種多様に描いてきた、あの膨大な貯えを心はど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。