教育課程とは何かについて.その基準と編成原理、今日的課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数86
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて。その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
    教育課程は、教育内容の広範かつ一般的な計画という側面も持ち、カリキュラムの同義語と捉えられることもあるが、カリキュラムよりも包括的な概念として用いられることもある。
    教育課程は、一般的に学校教育をはじめ、幼児、児童、生徒、学生などの学習者によって学ばれることの体系である。学校教育における教育課程は、学校教育課程(がっこうきょういくかてい)と呼ばれることもある。また、教育課程には、特定の職業分野において必要な資質を涵養するためにある程度、厳密に定められているものもある。このような教育課程は、職業教育課程と呼ばれることもある。なお、教育課程の同音異義語に、教育のプロセス(教育活動の過程全体とその要素と働き方)を指す教育過程があるが、教育過程は、教育課程と区別される別々のものである。
    わが国は、これまで大きく分けて3回の教育改革を実施してきた。1回目の教育改革は明治の学制発布に伴う教育改革である。これは、国民に教育を受ける機会を保障することを中心とするものである。2度目の教育改革は、戦後の義務教育制及び民主教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。