子供のしつけに求められる視点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数517
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子供のしつけに求められる視点
     しつけとは、日常生活における習慣・価値・行動様式などを習得させる社会化の過程である。親が子どもを一定の型に入れる、あるいは子どもの逸脱行為をコントロールして、社会規範に適合した行動ができるようにする。しかし、現代では「しつけ」が十分に発揮できていない状態を目撃する。講師の前で平気で私語をする大学生、高齢者に席を譲らない高校生など。このような事態を正すために、「しつけ」をする時の視点とはどのようなものにすればいいのか。以下に5つに分けて記していく。
    共感性を育む
     共感性とは他人の悲しみや痛みを想像し、その情動を共有することである。共感性の高い人は他人を傷つけたり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。