児童虐待防止法の概要

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,944
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童虐待防止法の概要

     平成12年11月20日、児童虐待が児童の人権を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の育成にも懸念を及ぼすことから、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び早期発見、児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支援のための措置を目的とした児童虐待防止法が施行された。児童虐待を判断するための定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童虐待防止法の概要
     平成12年11月20日、児童虐待が児童の人権を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の育成にも懸念を及ぼすことから、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び早期発見、児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支援のための措置を目的とした児童虐待防止法が施行された。児童虐待を判断するための定義とは身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待の4つから成り立っている。
    身体的虐待
     打撲傷、あざ(内出血)、骨折、頭部外傷、たばこによる火傷など外見的に明らかな傷害を生じさせる行為。または首を絞める、殴る、蹴る、投げ落とす、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。