社会的養護の内容

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,014
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会的養護の内容
     我が国では、保護されるべき子どもたちを守り育てるしくみとして社会的養護がある。社会的養護とは、「家庭的養護」と「施設養護」、「家庭支援事業」に大きく分けて考えられる。
    家庭的養護
    「家庭的養護」とは、親のもとで成長するこの出来ない児童に対して、家庭的な環境を提供し、児童の抱えている問題を解決及び、社会的に自立が出来るようにする指導援助することである。施設養護との違いは、深い家庭生活の経験、柔軟に個別的なニーズに答えられることである。その方法は

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会的養護の内容
     我が国では、保護されるべき子どもたちを守り育てるしくみとして社会的養護がある。社会的養護とは、「家庭的養護」と「施設養護」、「家庭支援事業」に大きく分けて考えられる。
    家庭的養護
    「家庭的養護」とは、親のもとで成長するこの出来ない児童に対して、家庭的な環境を提供し、児童の抱えている問題を解決及び、社会的に自立が出来るようにする指導援助することである。施設養護との違いは、深い家庭生活の経験、柔軟に個別的なニーズに答えられることである。その方法は里親制度と養子縁組である。
    養子縁組とは、民法に規定されるもので、実の親子でない者同士が法律的に親子となるものである。その内、普通養子縁組と特別養子縁組がある。普通養子縁組とは当事者同士が養子縁組に同意し、役所に養子縁組の届けを提出することによって成立する。ただし、未成年者を養子にする場合は家庭裁判所の同意が必要である。特別養子縁組とは普通養子縁組との違いは、実親との親子関係が終了することである。実親による十分な監護が期待できない場合に新たな親を与え、これを唯一の親として親子関係を形成することを目的としている。
    里親制度とは、保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。