児童にとっての地域社会の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数196
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童の成長にとって地域社会の役割とその現状について
     児童にとって地域社会とはどのような範囲を示しているのだろうか。そして、その役割と現状にある問題を以下に記す。
     地域社会とは一定の地理的な範囲内(地理性)で、生産、教育、福祉、娯楽などの住民のニードを充足するための諸機能をもった制度や施設(機能性)があり、しかも、そこでは

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童の成長にとって地域社会の役割とその現状について
     児童にとって地域社会とはどのような範囲を示しているのだろうか。そして、その役割と現状にある問題を以下に記す。
     地域社会とは一定の地理的な範囲内(地理性)で、生産、教育、福祉、娯楽などの住民のニードを充足するための諸機能をもった制度や施設(機能性)があり、しかも、そこでは住民相互にさまざまな集団活動や、共同生活が営まれているもの(共同性)と定義されている。これを児童からすれば地理性は小・中学校の通学範囲、機能性は病院、市民プール、公園など、共同性は仲間集団、子ども会、青年組合などである。では地域社会はどのようにして子どものためにどんな役割を有しているのだろうか。
    機能的に生活を支える役割
    まず代表的に挙げられるのは、子どもの知育を支える学校、図書館などの教育・文化的機能。児童の怪我や病気、時には犯罪、非行から守る為の病院、警察機関である医療・保健機能、防犯機能。子ども達の集会場所、健康を促す公園、市民プールなどの体育・レクリエーション的機能である。また、直接社会に触れられるスーパー、専門店などの消費機能も子どもの経験には欠かせない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。