乳幼児期における母子関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数673
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    乳幼児期における母子関係について
     
     ポルトマンは人間を含む哺乳類の誕生の特徴から、留巣性と離巣性の2種類に分けている。留巣性とは妊娠期間が短く、多数の子どもを産むが、身体能力が極めて劣っている。対して、離巣性とは妊娠期間が長く、原則として単体の子を産むが、生まれてすぐ成体と同じように移動することができる。人間は離巣性に近いが、生まれる時には未成熟であり、長年にわたって親の保護を必要とする。この生まれてから一年までを

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳幼児期における母子関係について
     
    ポルトマンは人間を含む哺乳類の誕生の特徴から、留巣性と離巣性の2種類に分けている。留巣性とは妊娠期間が短く、多数の子どもを産むが、身体能力が極めて劣っている。対して、離巣性とは妊娠期間が長く、原則として単体の子を産むが、生まれてすぐ成体と同じように移動することができる。人間は離巣性に近いが、生まれる時には未成熟であり、長年にわたって親の保護を必要とする。この生まれてから一年までを乳児期と呼び、この時期の子どもが対象とする他者とは母親である。自分では移動もできない子どもが、どのように母親に働きかけるのだろうか。乳幼児期における母子関係について調べていこうと思..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。