S0606 美術概論1 最終試験対策

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数901
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    美術概論Ⅰの試験対策を分かりやすく、項目別に分けました。

    試験のノウハウも少しのせました。ぜひ参考にしてくださるとうれしいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    美術概論Ⅰ最終試験 ポイント
    試験対策についてのポイントは以下の点だと私は思う。
    ①教科書を読む (ただ読むのではなく、説題に関する事項を頭に入れた上、必要な項目のポイントを押さえる。)
    ②必要だと思われる場所は、すぐラインを引き 分かりやすくまとめるか、教科書に、印をつける。
    ③大切なキーワードを抜き出し、その言葉、このポイント集であれば、黄色のラインマーカーの場所を覚え、試験の時にそのキーワードを元に、文章を組み立てる。また、頭に浮かんでこなかったときは、日頃の勤務の実体験や、疑問に思った事など 試験管に投げかけてみるのもありだと思います。
    試験までキーワードが頭からこぼれおちない様、がんばってください。
    学習指導要領を踏まえた試験問題である。
    学習指導要領の図画工作の目標である『表現及び鑑賞の活動を通して、つくりだす喜びを味わうようにするとともに造形的な創造活動の基礎的な能力を育て、豊かな情操を養う』と
    『「楽しい・わかる・できる授業」を通して美術を好きにさせる』の2点で論じられると思います。
    ①前図式期(4~7歳),図式期(7~9歳)における子どもの表現に見られる特徴について述..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。