教員採用試験 合格 志願書の書き方・面接対策

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数7,164
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教員採用試験前の志願書の書き方と、コツをのせてみました。
    面接対策ありです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆教員採用試験 合格 志願書の書き方・面接対策☆
    ①内容について
    面接で、質問して欲しいことを書く。
    志願書も、面接も自分のよさを知ってもらう場、自分をアピールできる場なので、大いに活用する。
    その場の勢いで、背伸びをするのではなく、ちゃんと面接で、答えれる内容を書く。
    必ず提出する履歴書は、コピーをしておく。
    ②志願者の文章
    「趣味」の欄に「スポーツ」と記入するだけでなく、どんなスポーツなのか、実際にやっていたのかなど面接官はわかりにくいので、具体的に「テニス」や「バスケット」など記入しましょう。又、
    例「テニスを、中学校から8年間続けて続けています」など具体的に書くと、面接官は問いやすい。
    話も弾みスムーズに運ぶ場合が多い。
    ③指導できる部活動
    部活動履歴の有無がかなり評価対象となることが多く、採用側は部活動の指導ができない人よりできる人を採用したいと考える。
    運動系の部活だけでなく、文化系の部活、例えば、吹奏楽の指導ができるなどのもかなり、有利である。大会や、コンクールで優勝などの華やかな実績はなくても、指導力・忍耐性・協調性・など、部活動経験は、子供たちの指導にとって不可欠であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。