聖徳大学 健康科学 第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数221
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
    現在の、10代の中絶に関するデータ
    平成17年度の20歳未満の人口妊娠中絶率について調べ
    てみると、19歳での中絶が11,635件、次いで18歳での
    中絶が8,236件となっている。また、3位以下は、17歳
    の5,607件、16歳の3,277件、15歳の1,056件、15歳
    未満に至っては308件という数字になっている(厚生労
    働省より)。日本では、未成年者の中絶が増加している
    という事実そのものが、あまり知られていない。報道さ
    れることがあっても、「性の乱れ」というニュアンスで
    捉えられることが多い。日本では未成年者の中絶の増加
    は個人の問題として捉えられ、社会的な対応はほとんど
    とられていないのである。 また同時に、性感染症につい
    てであるが、日本の20歳未満のHIV感染者は、2004
    年には約150人ということで、こちらも増加してきてい
    る。また、15歳女子でクラミジアに感染している推定数
    は23人に1人といわれている。日本は各家庭の保護力が
    小さく、「全部、学校がやってくれる」と思いがちであ
    る。そのように周囲への依存を当然としているためか、
    わが国は先進国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。