聖徳大学 衛生学 第二課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数238
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    <現在の我々を取り巻く社会構造の激変>
     現在、労働者の疲労と心身の健康が大きな問題を抱え
    ている。第一課題のほうで列記したうつ病や過労死はも
    ちろんのこと、それに付随して自殺者の増加という問題
    も出てきているのである。わが国の自殺数は最近3年連
    続3万人を超えている。この異常な事態に胸が痛むとと
    もに無力感を覚えるが、経済不況を理由にやむをえない
    と弁解し、手をこまねいてはならないと思う。今必要な
    ことは、自殺についての正しい認識をもって予防策をた
    てることであると思う。
    2008年のリーマンショックを境に、自身の周りでもリ
    ストラや職場環境・条件の大きな変化があったという話
    をよく聞くようになった。それにより、うつ病自殺者や
    過労死者が増加したり、職を失った人は絶望し自殺…と
    いうニュースも比例してよく耳にするようになった。
    <自殺の原因とは>
    2008年の共同新聞社のニュースから抜粋する。
    「日本国内で昨年1年間に自殺した人は33093人で、こ
    のうち「うつ病」が原因・動機とみられる人が約18%に
    当たる6060人に上り最多だった。総数は2003年の34427..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。