聖徳大学 老人看護 第二課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数81
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    高齢者は、一般的に感情面や人格面では、年をとるとと
    もに頑固になり、また保守的傾向が強くなり、人に対し
    ては厳しくなるとともに疑いやすくなるといわれている。
    また、死に対する不安から自分自身の健康状態への関心
    が異常に高まることもある。
    中枢神経系には年をとるとともに様々な変化が起きてく
    るが、それらに伴って心理的な要因や、環境の要因およ
    び身体的要因が加わって高齢者の精神機能の症状が出現
    してくるのである。
    精神機能の老化は個人差が大きいことが特徴として挙げ
    られる。一般に高齢者では、記憶の中でも新しいことを
    覚えることが困難になり、また過去の体験についても、
    もの忘れが目立つようになってくる。注意力や集中力の
    保持をすることも困難になってくるのである。
    一般的に、年をとるとともに複数の疾患をわずらうこと
    が多くなるが、高齢者の疾患の中には様々な心理的な変
    化をおこす場合がある。
    例えば、知的能力は健康な高齢者では劣えていくのは小
    さく、かなり高齢まで維持される。しかし、高齢者の中
    で日常生活に問題が起こるような急激な知能の低下がみ
    られた場合、たとえば、御飯を食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。