聖徳大学 精神看護 第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数148
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    子どもの精神の特徴・問題として、まず幼児期・学童
    期は、精神遅滞・心理的発達の障害・注意欠陥障害・行
    為障害・情緒障害などが挙げられる。また、青年期にな
    るにつれては発達障害、また成人の障害(摂食障害など)
    が始まることもある。子どもの一番の“仕事”は成長し、
    さまざまな次元での変化を成し遂げていくことである。
    この時期の精神障害と精神症状については厳密すぎる記
    述をすると、発達しながら内部や外部の困難に対処して
    いく子どもの躍動感や生命力を捉え損ねてしまう。精神
    障害の治療においては、子どもの変化する力は治療の助
    けになる。すべての小児期の障害は、もともとの精神障
    害の枠..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。