聖徳大学 小児保健 第5設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数145
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一・二課題 第五設題
    性知識のないままに性行為を行うことによって、性感染
    症になってしまう若者が急増している。エイズやクラミ
    ジア感染症などがその代表的な例である。そのほか、淋
    病、性器ヘルペス、コンジローマ、カンジダ症などたく
    さんの症状が例として挙げられている。クラミジアなど
    は、特に女性の場合、症状が軽く、自覚症状が見られな
    い場合もあるので、男性に比べて気づかないことが多い。
    しかしそのまま放置しておくと、子宮内膜炎や卵管炎な
    どを発症し、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあ
    る。感染したままの妊娠もきわめて危険なのである。予
    防するにあたって、まずはしっかりとした性や性病の知
    識・また、感染症にならない為にどうすればよいかをし
    っかり学ぶ必要がある。指導する際、小学校・中学校・
    高等学校によって性感染症をどこまで教えるかも決まっ
    てくる。まず小学校であるが、エイズのウイルス(HI
    V)の感染経路に関して、教科書では血液による感染は
    取り上げられるが、性的接触による感染は取り上げられ
    ていない。エイズが社会的に大きな問題となっている点
    を考慮して「病原体がもとになって起こる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。