聖徳大学 教育経営論 第二課題第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数89
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第二設題
    教育経営とは、教育の目的を効率的に達成するための
    様々な条件を整備し、PLAN・DO・SEE(計画・
    実施・評価)のサイクルに従い有機的に運営する営みの
    総体のことをいう。教育経営の主体は、経営の単位によ
    ってさまざまであるが、主要なものとして国および地方
    公共団体、それに学校などが挙げられる。学校を単位と
    する教育経営を学校経営といい、国・地方公共団体を単
    位とするものを教育行政と呼ぶ。冒頭の教育経営の定義
    は、教育経営が学校経営とは同義ではなく独自の意義と
    内容を持つことを踏まえているのである。また、その領
    域の広がりにおいてもいっそう広い範囲を包含するもの
    であることを強調して定義する観点に立っているのであ
    る。教育経営研究の初期の段階においては、「教育経営と
    いうことばを一義的に規定することは極めて困難なこと
    である」と言われており、これが当然視されていた。研
    究者の教育に関する行政・経営的研究の立場や視角の置
    き所によって差異が生じ、その意義の把握と定義の仕方
    が異なったものとなっていたからである。しかし一応、
    「学校教育をも含む諸種の教育機関である教育組..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。