聖徳大学 教育経営論 第一課題第三設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数96
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第三設題
    教師の専門性の主な条件として、①その活動の前提条件
    として専門性を持つこと②その職務の遂行にあたっては
    自律性を持つこと③同業集団として自己規制を行う基準
    となる倫理綱領を持つこと④個人的・社会的に有力な影
    響力を持つこと、この四つが挙げられる。まず①につい
    てだが、教師という職業が専門職と呼ばれている限り、
    その職業に従事する教師は専門職能人でないといけない。
    その為に、専門性を高め、それを深めることが重要であ
    る。教員免許状というのは、プロとして許容される最低
    限の資質能力を保証するものでしかない。よって、免許
    状取得後の教師としての資質能力や力量の向上が不可欠
    なのである。免許状を持っているというだけでプロの教
    師とみなされるわけでは決してないのである。教師自身
    が子どもを先導し、知識を増やすことに貪欲にならない
    といけない。次に②についてだが、これは教師の専門性
    の深浅に関係しているということが大事である。専門性
    を無視して自律性だけを主張することはあってならない。
    自律性・専門性ともに職能成長の論理に基づく力量の向
    上が大切なのである。次に③だが、これはも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。