保険総論 分冊2 生命保険資金の特徴およびその運用について幅広く記述してください。

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,427
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険総論(科目コード0825) 分冊2
    生命保険資金の特徴およびその運用について幅広く記述してください。
    生命保険会社の資産運用には、その特質から基本的な原則が確立されている。
     ます、生命保険会社の資金の特徴は「長期性」にあると言える。銀行は預金、信託銀行は貸付信託や金銭信託といった商品を資金の源泉としているが、それらの契約期間は長くて10年である。これに対して、生命保険の契約は20年、30年といった長期にわたるものなので、他の金融機関の資金に比べて、長期で安定した資金となっている。
     運用の基本原則は以下の通りである。
     ①安全性
    資金運用で一番重視されるポイントは、安全性の確保である。生命保険会社は契約者が払い込んだ保険料を、将来支払う保険金などの支払いの為に準備している。これを責任準備金という。
     生命保険会社の大部分は、この責任準備金が占めている事から、安全性の原則は欠かせないものとなっている。
     ②収益性
     収益性の追求も大切な側面である。保険会社は予め一定の利回り(予定利率)で運用する事を見込んで、保険料を割引いている。その為、最低でも契約者に保障した予定利率に見合った収..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。