証券市場論 分冊1 効率的市場における各証券の価格について述べなさい。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数538
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    証券市場論 分冊1 レポート
    効率的市場における各証券の価格について述べなさい。
     
    市場ではいろいろな価格変動要因パラメーターが存在して、相互に影響しあって価格が決定されている。その要因は、変動要因の情報の質的状況が異なる事も事実である。こうした情報をFと規定して以下で述べていく。
    証券価格は、情報集合Fを通じて実現できる証券市場でなければならない。こうした市場により資金源泉としての資金調達も配分機能が適正かつ効率的に行えるのである。こうした市場を効率的市場という。この効率的市場には①情報に関する効率性と②取引コストに関する効率性の2つがある。
    情報に関する効率性とは、何人も一般に利用可能な情報により経済レントを得る事ができない市場をいう。
    また、取引コストに関する情報とは取引コストが競争的に決まり、その違いが価格に影響しない市場をいう。
    そして、情報集合Fは3つの仮説に立って市場を類型化されると言われている。
    ウィーク型仮説
    過去の価格情報は、全て現在の価格に反映している為、将来の予測をする事ができないという仮説
    セミ・ストロング型仮説
    投資家が公表され容易にかつ安価で入手困難な情報を情報集合Fとして、それを反

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    効率的市場における各証券の価格について述べなさい。
     
    市場ではいろいろな価格変動要因パラメーターが存在して、相互に影響しあって価格が決定されている。その要因は、変動要因の情報の質的状況が異なる事も事実である。こうした情報をFと規定して以下で述べていく。
    証券価格は、情報集合Fを通じて実現できる証券市場でなければならない。こうした市場により資金源泉としての資金調達も配分機能が適正かつ効率的に行えるのである。こうした市場を効率的市場という。この効率的市場には①情報に関する効率性と②取引コストに関する効率性の2つがある。
    情報に関する効率性とは、何人も一般に利用可能な情報により経済レントを得る事ができない市場をいう。
    また、取引コストに関する情報とは取引コストが競争的に決まり、その違いが価格に影響しない市場をいう。
    そして、情報集合Fは3つの仮説に立って市場を類型化されると言われている。
    ウィーク型仮説
    過去の価格情報は、全て現在の価格に反映している為、将来の予測をする事ができないという仮説
    セミ・ストロング型仮説
    投資家が公表され容易にかつ安価で入手困難な情報を情報集合Fとして、それを反..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。