体育科指導法第二

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数233
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに、今日では子どもを取り巻く環境の変化から、運動能力の低下を始め体育的に多くの課題が発生している。そうした中で、体育が果たすべき役割は益々重要性を増しており、よりよい体育科の授業を行うため、以下の通り単元計画について検討する。
    単元計画を行う目的
    単元計画の目的は、年間の体育の時間数を適切に配分し、教科目標および学年目標へ到達することである。例えば、小学校の体育科は、年間90時間程度であるが、この限られた時間内で、どのような単元を設定し、授業内容や種目は何を行うか前もって計画することが重要になる。
    単元計画の条件
    単元計画の条件は、その学校の設備や地域性など多くのものがあるが、重要な3点を以下に挙げたい。
    運動量も十分確保できる系統だった計画を立てること
    運動量の確保については、体育が貴重な思い切り体を使う貴重な機会であることを考慮し、他科目が座学中心であることとバランスをとれる程度は動き回れることが条件となる。特に現代の子どもは、放課後には塾通いやゲームなどをして室内で過ごすことが多いこともあり、授業内で活動量を確保することが望まれる。そこで、適度に心身の解放と発散の場になるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。