A判定●家庭科指導法第2分冊

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数443
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定です。
    こうしたレポート販売には、学校の取締りがあるため、
    購入者は、内容や具体例の表現を必ず改変して提出してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本稿では、小学校家庭科における消費者教育の内容と指導方法について考察し、
    次に、具体的な指導事例を挙げ、自己の指導意図について述べる。
    小学校家庭科の消費者教育の内容とは、日常に使用する物品を適切に検討し、購入できるようになるために行う教育であり、金銭の使い方や品物の選び方を学び、実践させることも含まれる。また、今日的課題としては悪質商法による被害が社会問題としてあるために、そうした被害に巻き込まれないための学習も重要である。
    まず、児童を消費者またはその予備軍として指導することを考えると、学校教育では欠陥のない安全で優良な品物を選択できるような指導が望まれる。
    その選択基準は多様な価値観が反映されるが、見分け方の基準のひとつとして品質表示やマークがある。例えば、国が定めた最低安全基準を満たしていることを示したSマークのように強制マークに分類されるものや、デザイン的に優れていることを認定するグッドデザインマークのような任意マーク、商品欠陥によって人身事故があった場合に保障をするSGマークなどの商品保険マークがある。こうしたマーク表示は各団体が基準をもって審査をし、評価しているといえるた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。