健康スポーツ2分冊

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数174
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    玉川通信教育

    代表キーワード

    玉川大学健康スポーツ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本稿では、身近なスポーツ環境としてスポーツにおけるマスコミの状況を批判し、改善提案をする。
    まずマスコミの現状をまとめた上で、批判を持つ点を挙げて、具体的にどういった変化をすべきか検討する。
     スポーツにおけるマスコミの現状をまとめる。
    まず、マスコミとは「マス・コミュニケーション」の略語で、ここでは、テレビ・ラジオ・新聞・インターネット記事など情報を一般社会に伝達を指すものを指すこととする。
    マスコミは、<みるスポーツ>の発達から生まれた。<みるスポーツ>は、市民が実際に<するスポーツ>に参加することなく、観覧によってその楽しみを享受することを可能にした。また、マスコミの登場で良き点としてはテキストp145にあるように、「(1)個人が生活する社会環境の見張り役としての機能を持ち、(2)環境に対応するための社会の各部門の関連付けをし、(3)社会的遺産(文化)の伝達をし、(4)娯楽の提供をする」といった社会的な機能が生まれた。しかし、その反面、マスコミの各社それぞれが利益を上げるため、いわば商品としてのうまみを最大化する様子が目立つことがある。また逆にスポーツ選手側である選手本人やエージ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。