送付状の書き方【教育実習お礼状用】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,041
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    送付状の書き方【教育実習お礼状用】 
     
    教育実習後にお礼状をお送りするにあたっては、きちんと送付状をつけましょう。 
    書類を郵送する際に送付状は必須です。 
    これを付けないことは相手方の学校に大変失礼にあたります。 
    社会人の常識でありますが、学生さんにとっては、馴染みがないかもしれません。 
    例文のテンプレートを記載しましたので、wordにコピーし、ご自身の個人事項(学校名や氏
    名)を打ち込んで、印刷すればそのままご利用いただけます。 
    実習校との関係が円滑になるよう、その一助となれば幸いです。 
    =抜粋= 
    時候挨拶部分については、送付の時期に合わせて以下の文例をコピペし入れかえてくださ
    い。学生に適し、社会で常用される時候挨拶を抜粋しています。 
    ネットで検索をすると、「水道のじゃ口も凍る寒さ」など、何で突然蛇口の話がでてくるん
    だよ!的なものや、「ビルの谷間を抜ける木枯らしの音」のように一般のビジネス社会で使
    われているのを見たことがないもの、「冬来たりなば春遠からじ」のように、お爺さんじゃ
    ないんだからというものがありますので、一般のネット検索のコピペは控えましょう。 
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。