法学第4課題合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数613
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4課題 法の解釈について、具体的事例を挙げながら論じなさい。
     法は解釈を通じて規定の不備や欠陥を補い、解釈によって法としての規範的意味内容を導き出すものである。しかし、概念法学の考え方では絶対に法の創造を許さず、自由法学の考え方では法規を基軸に据えつつも司法権の作用に実質的な法定立的・立法的効果を認めざるを得ないと主張している。従って、法の解釈について、具体的事例を挙げながら、その意義、事実認定および法の適用、各派の論争、技術的手法、そして主体性や客観性という5つの論点に立て分けて考察してみたい。
    1.法の解釈の意義
    (1)法の解釈の意義
     法の解釈とは、一般には実定法に含まれている法規範の意味を明確にすることであると言われている。
    (2)法の解釈の必要性
     法の規定はすべて解釈を予定して書かれている。それは、社会的な出来事のすべてを予想して個々に適用できる規定となれば膨大な量となり現実的に不可能であること、また、法規の予想しない出来事が現れることも十分考えられ得るからである。従って、現実に即した処置としては、抽象的な規定を作るに留め、個々に応じて法を解釈し、法としての規範的意味内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。