教育方法論

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数495
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験学習情報教師指導心理学校問題授業児童

    代表キーワード

    教育方法論実験

    資料紹介

    ○一斉指導、個別学習、グループ学習のそれぞれの有効性と限界について論じなさい。
    ○学習指導の前提条件を、学習者と指導者の立場から、それぞれ論じなさい。
    ○次の語句を簡潔に説明しなさい。
    ①指導案
    ②助教法(ベル・ランカスター法)
    ③ドルトン・プラン
    ④発見学習

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    こちらに掲載しております内容は、決して「模範解答」的なものではなく、あくまでも私個人のレポート・論文として掲載しております。 よって掲載しております内容によって生じました不利益及び問題に関しては、申し訳ありませんが、一切責任を負いかねますのでご了承頂きたくお願い申し上げます。
    ○一斉指導、個別学習、グループ学習のそれぞれの有効性と限界について論じなさい。
    ○学習指導の前提条件を、学習者と指導者の立場から、それぞれ論じなさい。
    ○次の語句を簡潔に説明しなさい。
    ①指導案
    ②助教法(ベル・ランカスター法)
    ③ドルトン・プラン
    ④発見学習
    ○一斉指導、個別学習、グループ学習のそれぞれの有効性と限界について論じなさい。
    一斉授業は、小学校・中学校では最もポピュラーな授業の形態で、その特徴は、一人の教師が多人数の児童に、同一内容を同時に効率よく指導することにある。生徒は全員、黒板を背にした教師の方を向いて授業を受ける。授業は概ね教師の描いたシナリオに基づいて行われる。
    一斉指導の長所としては、「全員に早く共通の情報を伝えられる」、「異なった経験や情報を出し合えるので、思考集団ができる」、「共通な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。