養護原理Ⅰ6題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数300
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ○児童福祉法について
    ○児童自立支援施設について
    ○障害児の自立について
    ○重症心身障害児施設について
    ○自閉症について
    ○肢体不自由児施設について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    こちらに掲載しております内容は、決して「模範解答」的なものではなく、あくまでも私個人のレポート・論文として掲載しております。 よって掲載しております内容によって生じました不利益及び問題に関しては、申し訳ありませんが、一切責任を負いかねますのでご了承頂きたくお願い申し上げます。
    ○児童福祉法について
    ○児童自立支援施設について
    ○障害児の自立について
    ○重症心身障害児施設について
    ○自閉症について
    ○肢体不自由児施設について
    ○児童福祉法について
    児童福祉法は、1947年12月12日に制定され、翌年4月1日に施行された。この児童福祉法は、従来の要保護児童の保護を主要な目的とした考え方を改め、対象を全ての児童とし、その健全育成、福祉の増進を目的としている画期的な法律である。
    児童福祉法は、総則、福祉の措置及び保障、児童福祉施設、費用、雑則の5章から構成されている。また、この法律は総則の冒頭に「児童の福祉を保障するための原則」について3か条にまとめ、児童に関する各法令の施行にあたって常に尊重されなければならないとしている。
    総則は4つの節より構成されている。第1節では、法の対象となる児童、妊..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。